中性脂肪値が原因で起こる病気
中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました!
中性脂肪対策サプリ比較HOME » 中性脂肪を減らすには » 中性脂肪値が原因で起こる病気

 中性脂肪値が原因で起こる病気 

若い頃から脂っこい食べ物を好むといった、偏った食事を続けていると、中年を迎えるころからお腹が出てくるなど、肥満体型に陥りやすくなります。

これは脂肪が長い期間に蓄積された証拠で、中性脂肪が多い状態ともいえます。

人が健康的に生きていくには欠かせないもので、必要に応じて脂肪酸へと変化し、エネルギーとして活用されますが、必要以上に蓄積されると、身体のあらゆる部分に支障をきたすことになります。

      

中性脂肪が多くなることで引き起こされる病気

脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中、狭心症や心筋梗塞といった循環器系の疾患は、日本人がなりやすいものとして知られています。 これらは中性脂肪の量が多いことが主な要因の一つです。

中性脂肪をためてしまうと大きな病気の原因に。

中性脂肪が多いからといって、いきなり脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中、狭心症や心筋梗塞などに至るわけではありません。 高脂血症とも呼ばれる脂質異常症からまず始まり、続いて循環器系の各症状があらわれるといった段階を踏みます。

脂質異常症は、血中内のコレステロールや中性脂肪の量が多い状態です。 コレステロールは年齢とともに増える傾向があるため、年齢が高い人ほど脂質異常症に陥りやすくなっています。

中性脂肪の悪玉コレステロールを増やす作用が動脈硬化の原因に...

実は中性脂肪自体は血中内にたくさんあったとしても、脳梗塞などを引き起こす動脈硬化にはあまり影響を与えません。

しかし、中性脂肪には悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを増やす作用があることから、結果的に動脈硬化を誘発する性質があるといえます。

脂質異常症で動脈硬化が起こると、徐々に血管内部が狭くなってしまい、血栓が詰まることで脳卒中や心筋梗塞を引き起こすメカニズムとなっています。

健康診断で中性脂肪の多さを調べることができますが、数値が高いことを承知しているのに、引き続き不摂生な食生活を行い歳を重ねれば、ある日突然、病気を発症することがあるため、医師のアドバイスに従って生活を改めるのが大切です。

痩せている人も注意が必要な肝脂肪

また、中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪、血液中だけでなく肝臓に蓄積されることもあります。

休肝日を設けるなど過度なアルコール摂取は控えよう

肝脂肪と呼ばれるもので、この症状が厄介なのは、血液検査でしか見つけられないという事実です。

肝脂肪は肥満の他、アルコールの過剰摂取も深く関わりを持っています。

アルコールを毎日飲んでいる人は見た目が痩せていても肝脂肪を発症する可能性を考慮し、休肝日を設けるなどして過度なアルコール摂取を控えるようにしましょう。

また、肝脂肪だけでなく、アルコールは中性脂肪を蓄える原因として知られているため、循環器系疾患に陥りやすいことも覚えておきたいものです。

 

 

 

運営者情報
Copyright © 2018 中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました! all rights reserved.