中性脂肪を減らす食品とお手軽レシピ
中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました!
中性脂肪対策サプリ比較HOME » 中性脂肪を減らすには » 中性脂肪を減らす食品とお手軽レシピ

 中性脂肪をためずに減らす食品とお手軽レシピ 

現在の私たちの食事の多くは偏ったものになりがちです。

子供のいる家庭では小骨のない柔らかいお肉が出されたり、独身の方であればお惣菜に頼り過ぎたりと万遍なく色々な栄養素を取り込むのは難しいことです。

そして脂肪や糖分など摂りすぎてしまう栄養素もたくさんあります。どうしても柔らかいお肉は脂肪が多くなりますし、お惣菜は冷めても美味しいように味が濃くされています。たまに程度ならば問題はないのですが、このような偏食をずっと続けていると中性脂肪がどんどん増加してしまいます。

中性脂肪とは何? どんな病気の原因になるの?

中性脂肪とは炭水化物や糖分、動物性脂肪からなり肝臓で作られ貯蔵されます。中性脂肪は肝臓で作られ貯蔵されます

健康な体であれば、エネルギーが足りない時に貯めていた中性脂肪を血中に送り込みエネルギーとして使います。しかし貯め過ぎてしまうと動脈硬化の症状が出てきます。

これにより心筋梗塞や脳卒中、狭心症などの疾患が出やすくなってしまいます。

中性脂肪をためずに減らす食材と簡単レシピ

動脈硬化にならないためには中性脂肪の数値を下げることが大事ですので、食事を改めることが必要です。食事の量が多すぎるのであればやや減らすことにし、お酒も糖分ですので控えめにすることです。

中性脂肪値を下げるのにイワシやサバなどEPAが豊富な青魚が効果的

また血液の通りを良くするEPAという成分を含む青魚を食べることもおススメです。

イワシやサバといった青魚にはEPAが豊富で中性脂肪値を下げるのに効果的

青魚の脂肪部分にEPAが含まれているので、食べ過ぎると脂肪過多になってしまうので適量を週の半分くらいのペースで頂くことがちょうどいいです。

骨の多いイワシや少し臭みのあるサバなどの青魚はあまり子供ウケは良くありませんし、お酒を飲む人にとっては肉よりは少し淡白なイメージが多いと思います。しかしレシピひとつで青魚も立派なメインになります。

効率的にEPAを取れる食事メニューとレシピ

効率的にEPAを摂取するには刺身が一番とされ、煮魚となると栄養素が煮汁ににげてしまうそうなので、栄養素が逃げないように工夫することが大事です。

魚と野菜をホイル焼きにすると栄養バランスがいいです。

食事の栄養バランスに気をつけて中性脂肪を減らそう また魚を開いて臭み取りのシソとチーズや餅を巻いてフライにすると食べ応えが出て子供や魚嫌いの方には食べやすいものとなります。

さんまであれば身をほぐして混ぜご飯とすることもできます。

小骨を取るのが面倒ですが少し手間をかけると味が淡白な分、様々な味付けにマッチするのが青魚です。

薬に頼るのではなく食品で中性脂肪の数値を下げるのであれば、どんどん食卓に青魚を出していくことが効果的です。

今時点で健康な方でも、動脈硬化になってからではなく予防的に中性脂肪を抑える食品を摂ることも大事です。

 

 

運営者情報
Copyright © 2018 中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました! all rights reserved.