冷え性に黒烏龍茶は効果がある!?
中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました!

黒烏龍茶の冷え性に対する効果は!?

冷え性の原因とは?

冬になり、寒さが厳しくなると多くの女性が冷え性に悩むようになります。冷え性とはどんなに部屋を温かくしても手足の先が温まらず、慢性的な冷えを感じる症状のことを指します。これでは冬だけでなく、夏でも身体が冷えたままです。身体の内側から冷えてしまうために、運動をしてもなかなか温まらなかったり、身体は温かいのに手足の先だけは冷たい、といったことも起きてしまいます。

冷え性の原因は本来人間が備えている体温調節機能が正常に機能しないことにあり、自律神経の乱れや血液循環の悪化、あるいはホルモンバランスの乱れが考えられます。

黒烏龍茶が冷え性になぜ効果があるのか調べてみました

間違えたダイエットの常識を信じていると痩せれれません 身体の中で特に手足が冷えるのは、重要な臓器の集まる身体の中心部から離れているためです。身体は体温を維持するために中心部に血液を集める必要がありますから、血流が悪いと手足の先まではうまく血が巡りきりません。

そんな悩ましい冷え性ですが、黒烏龍茶は冷え性の予防や解消に大きな効果を発揮するといわれています。それが、黒烏龍茶の持つ血流を良くする作用なのです。

ポイントとなるのが「酵素」。黒烏龍茶には一般的な烏龍茶などよりも酵素が豊富に含まれていて、発酵によって成分が酸化することで酸素が生まれ、身体の中で食べ物を消化しエネルギーに変えることで代謝が良くなります。酸化は身体を錆びさせるといった悪いイメージを持っている方も多いですが、中には身体に良い酸化も存在するんです。

ただ、人間は体内で酵素を作っていますが、年齢とともに体内の酵素は少なくなってしまいます。そこで食事などで身体に良い酵素を摂取する必要があるのです。

黒烏龍茶と麦茶で効果が違うのは何故?

間違えたダイエットの常識を信じていると痩せれれません 東洋医学におけるお茶は温性と涼性とにわけられ、冷え性に効果的とされるのは温性に分類される烏龍茶や紅茶です。意外なことに、私たち日本人が古くから愛飲している緑茶は温かいイメージがありますが、この分類だと涼性になっています。

緑茶や麦茶も烏龍茶や紅茶と同じ茶葉を利用して作られていますが、発酵の度合いによって冷え性への効果には大きな違いが生じるのです。そして、実は烏龍茶は温性と涼性の両方の性質を持っており、この性質は茶葉の発酵段階によって変わります。

緑茶(青茶) → 白茶 → 黄茶 → 青茶 → 紅茶 → 黒茶

市販されている烏龍茶は真ん中あたりの発酵具合です。しかし、黒烏龍茶は烏龍茶をさらに発酵させています。涼性にあたる麦茶や緑茶は身体を冷やしてしまう可能性がある一方で、黒烏龍茶は冷え性を改善するための最適な飲み物ともいえます。

 

 

運営者情報
Copyright © 2018 中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました! all rights reserved.