烏龍茶と黒烏龍茶のダイエット効果の違い
中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました!
中性脂肪対策サプリ比較HOME » 黒烏龍茶のダイエット効果とは » 烏龍茶と黒烏龍茶のダイエット効果の違い

 黒烏龍茶と烏龍茶のダイエット効果の違い 

烏龍茶や黒烏龍茶がダイエットに良いという話を耳にしたことがある方は多いと思いますが、普通の烏龍茶と黒烏龍茶では一体どんな違いがあるのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は黒烏龍茶という種類のお茶があるわけではありません。

烏龍茶にはウーロン茶重合ポリフェノールというポリフェノールが含まれていますが、 そのウーロン茶重合ポリフェノールを抽出したものを通常の烏龍茶に添加した商品が黒烏龍茶なのです。

烏龍茶に含まれる重合ポリフェノールには脂肪の吸収を抑える効果があります

このウーロン茶重合ポリフェノールは茶葉を半発酵させる際にカテキン類が結合する事でできる成分で、黒烏龍茶の濃い色を出している成分でもあります。 ウーロン茶重合ポリフェノールには脂肪の吸収を抑制する効果が期待できます。

つまり烏龍茶よりも黒烏龍茶の方がウーロン茶重合ポリフェノールが多く含まれているわけですから、後者の方が脂肪を減らす効果も高いと言えるでしょう。 これら2つにはこのような違いがありますが、烏龍茶ではポリフェノールの効果が得られないわけではありません。

黒烏龍茶がおすすめな人は

脂肪の多い食事をされることの多い方や、体脂肪や血中中性脂肪が高い方など、 より高い効果を希望する場合は、黒烏龍茶をお選びになった方が良いのではないでしょうか。

黒烏龍茶の脂肪抑制効果を最大限に引き出す摂り方

では具体的にどのような飲み方をすれば良いのかというと、脂肪を摂取する際、つまり食事の前後に飲むのが最も効果的です。

これは烏龍茶が小腸内でのリパーゼの働きを抑えるためなのですが、リパーゼは体内に脂肪を取り込む役割を担っています。 ですから食事によって体内に入ってきた脂肪が吸収されるのを抑制するためにも、食事の際に飲むのが良いという事ですね。

黒烏龍茶には脂肪の排出量を増やす効果もあります

また黒烏龍茶を飲むことで脂肪の吸収が押さえられるだけでなく、脂肪の排出量も増加します。 吸収される脂肪が少なくなるだけでなく、通常に比べて多くの脂肪が排出されるということは、脂肪対策としてかなり高い効果が期待できると言えるのではないでしょうか。

黒烏龍茶を食事の際に摂る目安量

脂肪の多い食事を摂る際には、大体350mlを目安に飲むと良いでしょう。 体脂肪対策であれば、1回の食事につき350mlを目安に、1日2回ほど飲むと効果的です。 黒烏龍茶の嬉しいダイエット効果

もちろん好きなものを好きなだけ食べていてはどれだけ烏龍茶に効果があろうと、その効果は追いつかないでしょう。 しかし食生活の改善や運動なども行いながらさらに黒烏龍茶を取り入れれば、より高い効果が得られるはずです。

ご自身のお身体が気になっている皆様は、ぜひ黒烏龍茶をお飲みになってみてはいかがでしょうか。

黒烏龍茶の効果・効能と摂り方のまとめ

黒烏龍茶の効果と効能

  • ★ 烏龍茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールを添加してあるのが黒烏龍茶
  • ★ 重合ポリフェノールには脂肪の吸収を抑制する効果、脂肪を減らす効果
  • ★ 黒烏龍茶には脂肪を排出する効果

効果的な黒烏龍茶を摂り方

  • ★ 食事をとる際に、350mlを目安に飲む
  • ★ ダイエット、中性脂肪対策で効果を出すには、1日2回 食事の際に350mlを目安に飲む

 

 

運営者情報
Copyright © 2018 中性脂肪を減らす黒烏龍茶のダイエット効果を検証しました! all rights reserved.